アマゾンマーケットプレイスで月1万円稼いでいます

phm23_0092-s

 

h4アマゾンマーケットプレイスで月1万円を稼ぐ方法

 

私は自己発信が大好きで、これまでホームページやMixi、BLOGとたくさんの自己発信をしてきましたが、こういった行為は結局は自己満足で1円にもなりませんでした。

ところが、さまざまなBLOGなどで、ネットでたくさん稼いだという話が氾濫していましたので、私も色気を出してネットバイトなるものに挑戦してみることにしました。

その中で選んだものが、「アマゾンマーケットプレイス」というものです。

 

これは、あの有名なアマゾンのWEB上で、自分の店を出店できるというものです。

代金は、アマゾンが保証してくれるので安全確実なのが魅力です。

 

ですが、もちろん競争相手は激烈です。

たとえば商品の価格を1,000円とすると、ライバルは980円で値下げしてきます。

この値下げ競争は熾烈です。

 

それと、物は何でも売れるとは限りません。

書籍などはアマゾンに登録されているものしか売れませんので、無料のフリーペーパーなどは売れないのです。

 

でもこれで、アマゾンは儲かるのかというと、しっかりと仕組みがあります。

 

出品して販売できた場合(本の場合)、アマゾンからは送料250円が提供されます。
販売した金額+送料代250円が収入となります。

 

そしてここから、基本成約料100円と本の成約料60円と販売価格の15%が引かれた額が、実収入となります。

 

例として1,000円の本を販売した場合
収入は1,000円+送料250円=1,250円となります。

 

ここから、100円+60円+1,000円×15%=310円が引かれます。

さらにクロネコヤマトメール便を使うと、書籍の厚さによって、80円(2cm以下)か160円がかかります。

 

2cmを超えた書籍とすると、
収入1,250円ー手数料310円ー送料160円=780円が実収入となります。

つまり、1,000円の書籍を仕入れて販売しても、手間ばかりかかって損するだけです。

 

ネット収入を上げるには、安く仕入れて高く販売するしかありません。

これを「背取り」といいます。

BOOK OFFなどで、セール品を見ると良質な本もALL100円で販売している場合が、結構あります。

この中から、マニアックな本を見つけ出して、マーケットプレイスに掲載します。

 

そして、仕入れ値100円の書籍を1,000円に価格設定します。

ライバルがいるときは小まめに値下げします。

そして気長に待つのです。

できれば2cm以下の本は、送料を半額にできるので、狙いたいです。

 

そこで売れたとすると

 

収入1,250円ー手数料310円ー送料80円ー仕入れ値100円=760円

 

の儲けになります。

 

注文後48時間以内に発送というのが、ルールなのでかなり根気は要るバイトですが、確実に儲けられます。

 

私はこれで、月平均10,000円以上の収入実績を上げています。